痛みの少ない治療

    「治療中の痛みが不安」という方へ

    痛みの少ない治療

    「いつもワイヤーに引っ張られる感じがする。」
    「ワイヤー調整後、強い痛みがあって辛い」

    治療中の痛みは矯正治療をした方なら、ほとんどの人が経験していると思います。

    痛みが生じるのはワイヤーで引っ張り歯を動かすからですが、このとき力が強すぎると強い痛みとなって現われます。力を加えて歯を動かすのですから、ある程度の痛みが伴うのは仕方がないと言われています。

    ところが歯科技術の発達により、最近では痛みの少ない矯正が行われるようになってきたのです。


     

    「優しい力で歯を動かす」をモットーに

    優しい力で

    当院は「優しい力で歯を動かす矯正」を心がけ、痛みが少ない矯正治療を行っております。

    ワイヤーの太さ、歯を引っ張る力、摩擦の少ない矯正装置などを使用し、患者さまの歯の状態を見ながら調整していきます。またあらかじめ"痛み"についても説明しますので、痛みに対する不安を与えることもありません。

    患者さまの歯とからだに優しい治療ですので、安心して矯正治療を受けていただけます。


     

    【痛みを少なくする工夫】細いワイヤーで力を弱める

    細いワイヤー

    当院ではやさしい力でワイヤーを調整しながら、できるだけ痛みの少ない矯正治療を行っています。

    歯槽骨の中にしっかり埋まっている歯を移動させるには、ある一定以上の力を加えなければ動きません。ワイヤーで引っ張る力がある一定以上でないと歯は動きませんが、最初から強い力を加えると負担がかかり強い痛みが生じます。

    痛みの少ない矯正治療を行うには、最初はじわじわと弱い力で引っ張りながら、徐々に強い力に変えていくことが最も効果的です。

    一人ひとりの患者さまごとに歯やあごの状態が異なるため、力加減の調整は難しい面もあります。院長は長年の臨床経験から、どの程度の力を加えれば動くか把握しています。強すぎず弱すぎず最小限の力で調整し、強い痛みを与えることがほとんどありません。

    またワイヤーも初めは細くてしなやかなものを使用し、徐々に太くしていきます。歯やあごの状態を見ながら太さを変えるタイミングを判断しますので、一人ひとりの患者さまに合った痛みの少ない矯正治療が可能です。


     

    痛みのメカニズムとは?

    歯と骨の間には歯根膜という組織があり、神経と血管が通っています。わたしたちの歯は骨と歯根膜に支えられていますので、通常でしたら動くことはありません。

    しかし歯列矯正をするためには、力を加えて歯を動かさなければなりません。では歯に力が加わると、どのような現象が起きるのでしょうか?

    歯根膜が押されると同時に神経や血管も圧迫されます。すると押しつぶされた場所に炎症が起き、痛みが生じてきます。通常、ワイヤー調整を行ってから5〜6時間程度で炎症を起こし、痛くなってきます。

    では、炎症はどのようにして治まり、痛みが消えていくのでしょうか?

    炎症が起きると破骨細胞が出現し、圧迫された骨を吸収していきます。すると圧迫がなくなり、炎症が治まり痛みが消えていくのです。通常ですと痛みが出てから3日後ぐらいに引いていきます。


     

    子どもと大人で差がある痛みが治まる時期

    痛みが治まる時期

    痛みが現れる時期や期間は個人差があります。一般的に10〜20代の若い方でしたら調整後5〜6時間程度で痛み初め、その3日後ぐらいで治まります。しかし年齢が高くなるほど予測が難しくなり、40代以降の方では1週間ぐらい痛みが続くこともあります。

    調整後の痛みは骨が吸収されるまでの時間に影響しています。若い人ほど早く、年齢が高くなればなるほど遅くなるうえ長引きます。

    たとえば骨折したときお子さまとお年寄りを比較すると、お子さまのほうが早く回復します。歯に関しても同じことがいえ、お子さまでは調整してから3日後には痛みが消えていきます。

    極力痛みが出ないように注意を払っていますが、万一、どうしても我慢できない場合は、市販の鎮痛剤を服用すれば楽になります。


TOP