治療の期間・流れ

    治療の期間・流れ

    当院では歯に無理な負担をかけず、歯周組織(歯を支えている組織)を考慮した、安全で確実な矯正治療を心がけています。

    矯正期間の目安は抜歯の有無によって異なりますが、非抜歯で約1年半です。抜歯が伴う場合は約2年が目安です(ただし年齢や顎の状態などによってはこの限りではありません)。


     

    矯正治療を始める前に準備編

    1.初診相談(30分)

    問診や視診をしながら診察します。約30分かけてゆっくりお話をお聞きしますので、治療中の不安や疑問にも丁寧にお答えします。


    2.精密検査(30分〜1時間)

    矯正歯科治療を始める前に精密検査を行います。歯の写真、歯と頭部のレントゲン写真、歯型など治療計画立案に必要な資料をとります。また症状により顎関節のレントゲン写真や顎運動の検査も行います。


    3.矯正診断(30分~1時間)

    精密検査の結果をもとに、不正咬合の診断と治療計画・治療方法ならびに治療期間、矯正歯科料金について説明をします。


     

    矯正治療開始

    1.治療の準備

    矯正治療を始めるための準備として、虫歯の検査と舌の訓練、状況に応じて抜歯を行います。なお虫歯の治療や抜歯が必要な場合は専門の歯科医院をご紹介します。


    2.矯正装置スタート

    患者さまの歯の形に合わせた矯正装置を作った後、装置を取り付けて矯正治療をスタートします。調整は、約1か月に1回程度の通院が一般的です。


    3.歯みがきの練習

    装置をつけた後も、虫歯や歯周病を防ぐために歯みがき指導をします。また来院時は衛生士によるクリーニングと歯石除去を行っています。


    4.調整終了後、装置の取外しと歯の固定(保定期間)

    調整期間が終わると装置を取外し保定期間に入ります。保定とは、きれいになった歯並びを自然に安定するまで軽くとめておくことをいいます。


    5.検査・診断

    装置を取外した後の動いた歯やあごの状態を確認するために、歯型・レントゲン・写真を摂ります。


    6.保定観察

    約3か月〜半年に1回程度の通院で、保定装置の使用状況や歯の状態を観察します。


    7.終了

    歯が完全に安定した状態になったと判断されると矯正治療が終了します。


TOP